食物繊維

腸内環境と便秘解消に関して

腸内には100種類以上もの腸内細菌が存在しています。
小腸の終わりくらいから大腸にかけては腸内にびっしり腸内細菌がくっついて生活しています。
この腸内で暮らす細菌類は食事の内容や年齢、またストレスの受け方などによって左右されます。

健康な方の腸内は、善玉菌が優位な状態です。
便秘など腸が不健康な場合、悪玉菌が優位です。
悪玉菌も腸内で必要な働きがありますが、数が多くなると病気を起こしたりアレルギーを併発したり悪さを始めます。
腸内で腸内細菌がバランスよく存在していることが、とても重要なのです。
便秘になると余計に悪玉菌が暮らしやすくなるため、負の連鎖が起きていつまでも便秘の状態が継続してしまうのです。

便秘を解消したいなら、腸内環境をよくすることがポイントです。
腸内細菌のバランスをよくし、善玉菌が優位な状態で悪玉菌も存在するという状態に持っていきたいわけです。
そこで、腸内環境を整え便秘を解消する手段として、善玉菌となるビフィズス菌の多い食材を摂取する、またビフィズス菌が好んで食べるオリゴ糖を摂取するという事が必要となります。
最近は腸までビフィズス菌が元気に届くヨーグルトやオリゴ糖配合のもの、またサプリメントなども多数販売されていますので、便秘解消のために利用されてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ