食物繊維

トイレ時間をきめよう。便秘解消法

子供の頃、ご両親から朝トイレに行く時間を作りなさいといわれた記憶がある方も多いんじゃないでしょうか。
ご飯を食べてトイレに行く、という習慣をつける事、これは慢性的な便秘にならないためにもとても重要な事なのです。

便意というのは不思議なもので、尿意とは違い、「出さなければならない」という事がないんです。
下痢をしている場合は今出る!出さないとどうしようもないので、便意を感じたら即トイレに駆け込みますが、通常、下痢などではなく便意を感じた場合、「我慢していると便意が消えて」しまうのです。
尿の場合そうはいきません。
出さなければ膀胱がおかしくなります。

便意を感じているのに時間がなくてついつい我慢してしまう、これがもとで便秘になってしまうという方も多いんです。
会社や学校に行く前にトイレに行っておきたいのに、もう出かける時間・・・会社で便をすると匂いが気になるからまた我慢、この繰り返しによって慢性的な便秘になります。

生活習慣の改善の中に、「トイレに行く時間を決めておく」という事もプラスしましょう。
朝早めに起きてしっかり朝食をとる、トイレにゆっくり座る時間を作る、すると、次第に朝その時間帯に便意を催すようになります。
トイレに行く癖をつける、朝余裕を持っておくと我慢による便秘は少なくなっていくはずです。
便秘解消には欠かせない事なのです。

このページの先頭へ