食物繊維

習慣性便秘の便秘解消法の関係

便秘は色々な分け方がありますが、機能性と器質性があり、機能性は一過性と習慣性に分かれます。
習慣性便秘は弛緩性と痙攣性、さらに直腸性に分かれています。
特に直腸性便秘は、便を我慢してしまう、便をする機会を逃してしまうという事からいつの間にか便秘になっているという状態なので、慢性的になることが多く、習慣性というと直腸性といわれるほどです。

習慣性便秘の場合、トイレを我慢してしまう、便をする機会を逃してしまうという事から起こるものなので、原因がはっきりしています。
便を我慢していると便意がいつの間にか消失し、それを繰り返していると習慣化してしまうのです。
こうした状態が継続すると、出したくても出せない状態に陥ってしまう事も少なくありません。

習慣性の便秘解消法としては、まず、トイレに行く時間を習慣づけることが必要です。
また便意があったら我慢をしないといことも大切な事です。
朝起きたら便意がなくてもトイレに座って力んでみる、毎朝これを繰り返していくと次第に便意を催すようになっていく方もいます。

会社などでは匂いが気になるので便ができないという方もいます。
でもそういった場合、便をした後に消臭する携帯型スプレーや、サプリメントを飲むことで便そのものの臭いを変えるという事もできますので、そうしたサプリメントやスプレーなどを利用して、便意があったら我慢しないという事を徹底しましょう。


このページの先頭へ