食物繊維

食物繊維を活用して便秘解消

食物繊維は便秘解消に欠かせません。
食物繊維の多い食事を継続して行う事で、スムーズな排便が促されます。
ただ、量が多ければいいということではなく、食物繊維の種類を知り、バランスよく摂取することが必要なんです。

食物繊維に葉不溶性と水溶性があります。
不溶性は野菜などに含まれる糸状の筋を持っていて、水に溶けにくい性質の食物繊維です。
水溶性はネバネバしたもの、さらさらしたものに分けられ、水に溶ける特性を持った食物繊維です。
不溶性は野菜や豆類などに多く含まれていて、水溶性は昆布、ワカメな素の海藻類、果物などに含まれています。

この両方の食物繊維をバランスよく摂取することが必要です。
不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発にし便通を良くしてくれます。
水溶性食物繊維は胃や腸の中をゆっくり移動する性質があり、お腹がすきにくい、また糖質の吸収を緩やかにしてくれるので血糖値上昇を抑制するという効果もあります。

不溶性食物繊維は水分をよく吸収するという特性があるため、便の量が多くなります。
そのため腸を刺激し蠕動運動が活発になるのですが、かさが多くなりすぎて便が詰まりやすくなる、という事もあります。
特に、機能性便秘の方は便をうまく移動させることができないため、水溶性食物繊維を多めに摂取する方が便秘解消となります。


このページの先頭へ