食物繊維

心身の健康と便秘解消の関係

食生活の乱れ、バランスの悪さ、食物繊維不足、さらに運動不足などが重なって便秘になるといわれます。
確かにお肉ばかり食べて野菜の摂取が少なくなれば、便秘になりやすくなりますし、運動しないことで便を押し出す力もなくなり排便しにくくなります。
でもこれだけではないんです。

便秘には心の問題も大きく作用しています。
ストレスを強く感じると体が硬直するように感じます。
強いショックを受けた時、血の気が引いて体が冷たくなっていくのを感じますが、実際に血液循環が悪くなっているのです。
強いストレスではなくても継続的にストレスを受けていると血液の循環が悪い状態が継続し、体に色々な支障をきたします。

血液の流れが悪いと腸に流れる血液にも影響し、腸の蠕動運動がしっかりできなくなります。
腸の蠕動運動は腸管内在神経系と自律神経が支配していますが、自律神経はストレスを受けると大きく乱れます。
自律神経が乱れてバランスを崩すと腸の蠕動運動にも影響が出て、運動が活発に行われなくなるのです。
つまり心の問題も便秘に大きく係るという事です。

食生活の見直しと共に、生活改善が必要、という部分には、ストレスへの対策も入っています。
ストレスを受けないという事は現社会で無理な事なので、ストレスを受けてもそれを解消する方法を得ておくことが重要なのです。
心への対応も便秘解消にとても大切なことなのです。


このページの先頭へ