食物繊維

市販薬と便秘解消

余りにも長く便秘状態が続けば、市販薬を利用されることもあるでしょう。
できれば医療機関を受診し、便秘の状態にあったお薬を処方してもらうほうがいいのですが、医者にかかる時間がない方もいます。
ほかに病気がない生活習慣が原因の便秘の場合、市販薬の利用も、便秘解消の手段となります。

市販薬には刺激性下剤と潤滑性下剤、膨張性下剤があります。
刺激性下剤は腸の蠕動運度が活発になるように促すお薬で、センナやアロエなどから抽出されたフェノールフタレイン系やジフェノール系、アントラキノン系などがあります。
速効性をのぞむ場合、このお薬を利用される方が多いのですが、便を出す前におなかが痛くなることもあり、あまり長く利用することはよしとされません。
このお薬を使わないとでなくなるという可能性もあるので、一時的に利用するように心がけましょう。

潤滑性下剤は、便秘が継続し腸の中で硬くなってしまった便に対応するお薬です。
硬く固まった便に水分を含ませる作用があり、柔らかくして出すというイメージのお薬です。
膨張性下剤は、便に水分を与え膨張させることで排泄しやすくするというお薬です。
このお薬の場合、即効性がなく穏やかな効果なので、早く出したいという方には不向きです。
市販薬を利用する際にも、薬局やドラッグハウスの薬剤師さんと相談して購入されると、便秘の状態にあったお薬を選ぶことができます。


このページの先頭へ