食物繊維

生活習慣にも目を向け便秘解消

便秘という方の毎日の生活を聞いてみると、問題がある事が多いです。
例えば夜遅くまで起きていて、テレビを見ながらお菓子を食べているとか、仕事が忙しく夜遅くに外食することが多いなどです。
このため規則的な睡眠が出来ず、朝しっかり起きて朝食をとり、排便するという習慣を身に着けることができない人がとても多いのです。

睡眠が少ないと自律神経が乱れます。
イライラしたり落ち込んだり、精神的な症状も出てきますし、自律神経は腸の蠕動運動に深くかかわっているため、蠕動運動が弱くなり便秘の原因となります。
食事も1日2食だったり、1食だったり、夜遅くに食べたりなどバラバラです。

人の体にはリズムがあり、睡眠をしっかりとり、規則正しく3食を食べる、朝トイレでしっかり排便の時間を作り、それから落ち着いて仕事、学校に向かうというリズムを漬けることがとても重要なのです。
このリズムが崩れると、代謝も悪くなりますし、便秘やそのほかの疾患の原因となる事もあります。

生活習慣を正す、ということは便秘解消になるほか、メタボリックシンドロームの改善、予防にもつながることです。
健康的な生活を送るためにも、自分の生活環境を見直し、改善していくことを考えてみましょう。


このページの先頭へ