食物繊維

軽い腹筋と便秘解消の関係

昔のこどもは外で遊びまわっていたので現代のこどもと比較すると基礎体力や筋力に大きな違いがあるといいます。
子供や若い女性の便秘が非常に多くなっていますが、この原因に筋力不足が大きく関係しています

便を排出するためには腸の蠕動運動が大切です。
栄養素を吸収しながら消化し、さらに残りかすとなる便を体外に出すために蠕動運動によって便が肛門の方へ移動していきます。
排便の際には蠕動運動をサポートする形で腹筋を利用し、力み、排便するわけです。
排便の際、便が緩いという方以外は力んで排出しますが、この際に必要なのが腹筋です。

便秘解消のための腹筋を鍛えていくことで便の排出のサポートができるのです。
腹筋が弱い方は、筋力を高めていくことが必要ですが、いきなり過度な腹筋運動を行うと筋肉痛になりますし、辛いので継続できない方も少なくありません。
そのため、まず軽い腹筋から開始しましょう。

寝た状態で足を立てて膝をまげ、頭の後ろに手を持っていき、最初は頭だけ胸の方に向かって持ち上げます。
おへそを見るようなイメージで行います。
頭が持ち上がったところでお腹にきゅっと力を入れます。
たったこれだけでも腹筋を利用しているのです。
これなら初回から少なくとも10回程度出来るでしょう。
30回行っても疲労しないというところまで来たら、頭だけではなく背中が上がるくらい持ち上げます。

この方法なら腰に負担をかけることもありませんし、それほど苦しい思いもしないので、幅広い年齢層の方に継続していただけるでしょう。
少しずつ筋力がついて便秘解消につながります。

このページの先頭へ